合格体験記4

『第一志望合格の上に、ハイレベルな学習スキルも身につけられました!』Wコース生(4教科 週2回~週3回×3時間)

娘が始めたのは小4の4月でした。元来のんびりした性格なうえ、妙に頑固なところがあり、大手塾の厳しい競争に揉まれて勝ち残れるのか、それよりも娘の性格を見極めて授業を進めてくれる個別指導塾の方が向いているのではないか、迷っ ていました。
 インターネットで検索して見つけ出した先生と面談し、「(娘が)中学受験を闘えるのはこの人しかいない。」と決断しました。
私達は、希望する私立中学に合格させたいのはもちろんの事、娘に小学校高学年で勉強嫌いになってほしくない、勉強のスキル(仕方)を身につけてほしいという強い思いがありました。先生からは、子供達に「勉強」を教えたいという熱意がほとばしっていました。
 宿題にバツを付けられるのが厭、間違いをもう一度見直すのが厭と年齢のわりに幼稚な娘を、先生はよく引っ張って下さいました。
授業は生徒のスピードに合わせて進められるので、大手塾に比べて宿題は多くないと思います。子供がのんびりし過ぎているなと感じたら、授業をスピードアップす ることができます。
娘は小5に進級し体力のない娘のペース配分も課題のひとつでした。
 のんびり屋の娘は特別な受験生意識も持たず週2回をこなしていた様に思います。そして先生のアドバイス、「早めに第一志望校を決めることが親のモチベーションにつながります。」を胸に刻み、志望校探しの旅を始めたのも小5になってからです。
 家庭教師の時間内であれば経験豊富な先生から親がアドバイスをもらうこともできましたので、学校説明会後に必ず設けられている質問コーナーでは〝いじめの対応の仕方〟〝その学校の在校生の雰囲気〟等を積極的に尋ねたり調べたりするようにしてくださいと言われていました。
小5の初夏、特に期待もせずに出かけて行ったある女子校のオープンスクール。校内に足を踏み入れた娘は生き生きとし、瞳が輝き、いつになく積極的に見学して回りました。その女子校に派手なイメージを抱いていた私も、元気で聡明な在校生の様子に考えを一変しました。「この学校に娘を通わせたい。」これが第一志望校との出会いでした。その後志望校に迷った時、必ずこの時の娘の溌剌とした表情を思い出し、間違っていないことを再確認したものでした。
 いよいよ6年生、授業を週3日×3時間のペースに上げました。中学受験は小6の夏からが本番、ところが、親の意に反して去年の夏休み、娘の反抗期のスイッチがオンになってしまいました。小4の時から娘の内にあった反抗期の芽がすくすくと育ち、発芽してしまったのです。今でも娘は「ちゃんと勉強していた」と反論しますが、勉強机に向かい効率の悪い時間をだ らだらと過ごしていたのが実状です。 初めの1ヵ月、私は静観していました。やりたくない時に「やりなさい。」と親に高飛車に指示されれば「今勉強しようとしていたのにやりたくなくなった!」と言い訳をしてしまうだろうと考えたからです。秋の模擬試験の成績は下がるだろうなと覚悟を 決めながら・・・先生には、どうやら反抗期で計画どおりに勉強が進まない旨を打ち明けておきました。先生も娘の反抗期には気づいていて、注意してくださったらしいのですが、1回アクセルが踏まれた〝カーオブザ反抗期〟は加速するばかりです。
 夏休み明けの首都圏模試はそれまでの貯金が効いたのか、少々の下げでとどまり娘は涼しい顔をしていました。しかしながら、秋風が吹き始めるとともに娘の模試の成績は上下を繰り返し、隔週末のスケジュールはまさに模擬試験地獄でした。どうしても行っておきたい中学校の行事が模擬試験の日程と重なったりして、親子で体力的に苦しい時期でもありました。
 書店には〝正しい志望校選び〟〝面接対応マニュアル〟etc.中学校受験関係の本が色々と並んでいますが、〝もし貴方のお子様が受験を前に反抗期を迎えたら、その時貴方はどうする?〟こんな特集が組み込まれた受験ハウトゥー本は遂に見つかりませんでした。
 「先生に頼るしかない!」10月のある日、私の頭に忘れていた大切な事が閃いたのです。先生は中学受験の大ベテラン。大手塾での経験もあり、様々な中学受験生と毎年接し続けていらっしゃいます。寒さが厳しくなり始める12月、娘は復調の兆しを見せ始めました。最後の模擬試験ではまずまずの成績を修め、これで良いイメージを頭に刻んで本番に臨んでくれると思いました。第一志望校の過去問の点数も伸びてきました。ココからでる順!の成果が出始めたのだと思いました。
「大丈夫かも?」根拠の無い自信が私に生まれてきたのもこの頃です。入試前の1ヶ月間、不安で一杯の娘を余裕をもって励ますことができたのは、夏から秋にかけて苦しんだからかもしれません。
「大手塾に通っていたらどうだったかしら?」というifが心に浮かびます。果たして先生ほど親身になって〝反抗期受験生〟の面倒を見てもらえたでしょうか。
 娘が教わった3年間はとても中身の濃い時間だったと思います。中学入学後も困らないスキルを身につけ、第一志望校合格という贈り物まで手に入れることが出来ました。
本当にありがとうございました。

PAGE TOP